まだインターネットがない時代では通販といえば、テレビと広告のみでした。テレビの場合もテレビで見た商品を電話で注文して届くのを待つのですが、今のように宅急便が全国的には展開していない時は届くまでに何日もかかり注文したほうはただ待つだけでした。料金の方も送料無料の場合もありましたが代引きがほとんどでしたのでその分の手数料がかかったりもしていました。また、気に入らないので返品というわけにもなかなかいきませんでした。それが今現在ではテレビでの注文においても衛星放送やパソコンのネット放送で通販専門チャンネルがありまた、民法でも深夜などは通販番組が占めており会社で働いて日中は自宅にいない人でも手軽に通販が出来るようになりました。また、通販の決済においても代引きだけではなくクレジットカードやコンビニでの支払いなど選択肢が広がり、しかもクレジットカードの場合は自動的にコンビニでは深夜でも品物のお金を支払うような事が出来るようになりました。さらに、ネットでは通販サイトがたくさんあり、それをまとめるサイトもあってそれぞれのサイトでの金額の比較などで品物を選んだり、品物の代金に対してポイントが付くようになっていたりしてネットでの購入ではお得感まで出てくるようになりました。消費者としてはいい環境となりました。